口腔ケアから、コロナウイルス肺炎の重症化リスク低減へ

【口腔ケアから、コロナウイルス肺炎の重症化リスク低減へ】

ウイルスによる肺炎には、大きく分けて3つの種類があるそうです。
1つ目に、ウイルス単独による感染。
2つ目に、ウイルスと細菌の混合感染。
3つ目に、一旦ウイルス性肺炎が治まった後、2次的に細菌性肺炎が起きるパターン。

インフルエンザは2つ目のパターンが多く、コロナウイルス感染症は3つ目のパターンが多いそうです。
コロナウイルス感染症は無症状の方が多く、ウイルス単独としての感染、毒性は強くないと思われます。(1つ目の割合は低い)

普通は、肺の免疫で最近へ対応するのですが、コロナウイルスで上皮細胞が傷つけられると、そこに細菌が定着しやすく、感染する可能性が高くなるそうです。(3つ目のパターン)

よって、肺炎の重症化の要因として、人体で大きな細菌の集団を構成して肺炎の原因として知られている、
口腔内細菌の関与が高いと予想できるそうです。

口腔内細菌が肺に行くプロセスには2つあり、1つは歯周病菌等が、毛細血管から血流に入っていく場合(間接性肺炎)
もう1つは、唾液中の細菌を誤嚥して入っていく場合。
つまり、誤嚥性肺炎です。

2次的細菌性肺炎のリスクを下げるには、歯周病やう蝕を予防する歯磨きと、誤嚥性肺炎の予防に必要な舌ブラシが重要になってきます。

また、コロナ重症化患者を調べた論文では、栄養失調の患者が非常に多いとの事です。
噛めていない人は栄養失調の可能性が高い事は明らかです。
よく噛めるお口の状況ですか?

コロナウイルスは、いつ何処から感染してもおかしくない状況となっておりコロナウイルス感染防止に必要な、手洗い、うがい、3密の実行も大切です。
それに加え、適切な口腔ケア定期的な口腔衛生管理でコロナウイルス肺炎の重症化リスク低減に努めていきましょう!

鶴見大学歯学部探索歯学講座 教授 花田信弘 インタビュー記事より

 

 

さき山歯科クリニックのCM動画紹介

歯磨きを嫌がる子供への対処法

第5回歯科甲子園決勝進出!D1大会決勝までの道はこちらのページからご覧になれます。
デンタルコーチングフェスタin沖縄2016の過去記事は、こちらからご覧ください。