赤ちゃんのお口の中の育て方

Q1正しい母乳(ミルク)の飲み方は?

A

ミルクを飲ませる正しい角度深く乳首をくわえて飲ませる事です。哺乳瓶を使用する際は、哺乳瓶の持ち角度や飲み易い角度を意識しましょう。

理由

開口訓練、口腔内の形態・機能を作ります。
*できれば抱っこは片側ばかりにならないように左右両方で行うようにしましょう。
ミルクを飲みにくい角度

Q2離乳食の開始時期は?

A

始める条件:①食べる意欲がある
②体幹が維持できる(正しくおすわりできる)
③持った食べ物を口に運ぶことができる
生後5~6ヶ月で条件が整わないこともあるので焦らず成長に合わせて始めましょう。
◎離乳食は手づかみ食べからスタート!
この時期は細やかな動き(お箸やスプーンなど道具の使用)が難しい為、食べ物と触れ合い、身体の動きの訓練をする時期です。
離乳食は手づかみ食べから◎条件が揃わなくてもすべきことはある!
体を起こせなくても食べたい意欲がある時は、嚥下(えんげ)のトレーニングをする時期と考えましょう。おもちゃなど危険ではないものをくわえさせます。唾液があるれるので嚥下の回数が増えます。

Q3赤ちゃんの正しい寝かせ方は?

A

まん丸姿勢の寝かせ方、おひなまきが良いです。

理由

胎児期と同じ姿勢を保つ胎児期と同じ姿勢を保つことでリラックスした状態を作ることができます。 リラックスをすることがお口の中の正しい育成に繋がります。

Q4寝返り、うつぶせ遊びのコツは?

A

【寝返り】 左右対象に寝返りを行う事が大切

理由

身体発育の左右差を修正します。

A

【うつぶせ遊び】 うつぶせで下や横を向くのではなく顔を上に向けることが大切です。

理由

顔を上に向ける事で首、肩の筋肉をつけられます。景色が変わり、新しい発見を増やす事もできます。上を向くことが難しい場合、バランスボールやタオル等の補助用具を使用する方法もあります。寝返り、うつぶせ遊び

Q5正しい抱っこの仕方は?

A

【定頸まで(首が座るまで)】
首を支え、抱っこする人のおへそより赤ちゃんの足と腰が上にくる様にします。上から見た際に赤ちゃんの体が左右対象になる様にしましょう。(足はあぐらをかいているような形が望ましい)

理由

胎児姿勢抱っこ(体を丸く した状態)胎児姿勢抱っこ(体を丸くした状態)で赤ちゃんのリラックスした状態をつくります。保護者の方が身体的・精神的負担にならない様にクッション等の補助用具使用をお勧めします。

A

定頸後(首が座ってから)の抱っこの仕方【定頸後】 赤ちゃんの頭は反り返らず、抱っこしている人をしっかり掴めます。足はダランと下がらない様な姿勢が良いです。
【補助用具使用時】 頭が反り返っていない(寝ている時もサポート)事。起きている時は、外側を向かせるのもGood!

理由

反り返った姿勢は、お口が開きやすくなり、歯並びの悪化や、上手な飲み込みができなくなります。

Q6赤ちゃんとのリラックスしたコミュニケーションの取り方は?

A

わらべうた、ベビーマッサージ 等がお勧めです。

理由

過度な緊張やコリが左右対象性や成長を阻害する為、歌やスキンシップを利用して、赤ちゃんが安心しリラックスできる事が重要です。赤ちゃんとのリラックスしたコミュニケーションの取り方

Q7赤ちゃんの頭の形、顔貌(がんぼう)が左右対称かどうか気になります

A

左右非対称や緊張、コリ、向き癖があると、顎の形、歯並びが悪くなると思われます。

対処

ヘルメット療法、ベビーマッサージ 、わらべうた、うずまきクッションの使用等をお勧めします。赤ちゃんの頭の形を整えるクッションの置き方

 
当院では、受付段階から、患者様の様々なご相談をお伺いし、お子様の歯の健康を守る為に必要な情報やケア方法などもお伝えしています。特に初めての赤ちゃんを育てる環境で注意すべき事について、不安や悩みを持たれるご家庭は多いと感じます。ご来院時にはスタッフまでお気軽にお声がけください。
baby-faq-QRコード

さき山歯科クリニックのCM動画紹介

歯磨きを嫌がる子供への対処法

第5回歯科甲子園決勝進出!D1大会決勝までの道はこちらのページからご覧になれます。
デンタルコーチングフェスタin沖縄2016の過去記事は、こちらからご覧ください。