沖縄県那覇市久茂地の歯科クリニック。最新レントゲン設備完備、痛みの少ない治療、インプラント治療、他

院長の考え方:4

日本人は私の様に、仕事を退職時にしかこの様な旅行は出来ないのでしょうか?

*院長の経歴を通じて、医院の方向性、価値観を感じ取ってもらえたらと思います。

◎沖縄へ

東京での勤務医生活も7年経ち、そろそろ沖縄への帰省の事を考え始めました。
そして東京を離れる事を決めた私は、せっかくの機会なので、沖縄に帰る前に旅行の計画を立てました。
東京のコンテナに私財を預け、東南アジアを目指して行きました。
またもや放浪癖です。

4ヶ月間、旅費を切り詰めて、ゲストハウスを利用した貧乏旅行です。
タイ、インドネシア、ラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、中国、香港を陸路で乗り越え、台湾へは飛行機。そして今は有りませんが、台湾から沖縄へは船で那覇へ帰国しました。
この東南アジアでの旅行でも、日本では経験出来ない体験や、価値観に触れ合う事が出来ました。

東南アジアは時間がゆっくりながれています。東京の様にせかせかと生活していません。
沖縄もそうですが、さらにおおらかです。
今回の旅行でも、仕事、キャリアを生かしながらも、長期の休みを取る欧米人を羨ましく思いました。

日本人は私の様に、仕事を退職時にしかこの様な旅行は出来ないのでしょうか?

沖縄に帰ってきた私は、流石に東京の様な自費治療の多い診療スタイルは無理と認識していましたので、2年間程那覇の歯科医院に勤務しました。
分院を数件経営している医院でした。初めは本院で院長先生と診療していましたが、暫くすると分院で分院長として勤務していきました。
ここでは訪問歯科を行っており、週に2日は訪問診療に出向いていました。東京での自費中心の診療とは180度違うスタイルです。技術が良いだけでは務まりません。患者様の様態にも合わせないといけません。家族の治療費負担も考慮に入れなければいけません。保険の制度も理解しないといけません。
思い通りにいかない事も沢山ありました。ただ、東京の診療とは違う多くの感謝の言葉を頂きました。

この訪問歯科の経験で、私の歯科医師としての引き出しを大きく増やす事が出来ました。

訪問歯科で週2日出向く事で、分院の外来診療は週3日です。私の前の分院長の勤務医も頑張っていた様ですが、中々経営的には上手くいっていませんでした。
診療方針は分院長の私の裁量で自由に出来ます。私はダメ元で東京の医院の様に丁寧な治療、説明を行っていきました。あまり保険の治療では採算が取れないかもしれません。
しかし、このスタイルを通していく事でだんだん患者様が増えていき始め、本院からのスタッフのヘルプが必要になってくる様になってきました。
又、自費の治療が飛躍的に伸びていきました。
週3日の診療でしたが、経営が持ち直していくことが感じられました。
本院のスタッフから、どの様な治療方法をやっているのかと不思議がられ、尋ねられた事も有りました。

私は、自分の経営スタイル、技術が沖縄でも通用すると確信しました。
そして、分院長を勤めながら自身が開業する場所を探し求めた私は、いよいよ開業に向けて、勤務先の医院を離れていきました。

電話番号:098-862-1375

医療法人さき山歯科クリニック:採用担当窓口迄

治療中のお子様対応で安心!紹介ムービー・CM専門誌・単行本への掲載情報
ホーム休診日ニュース交通アクセスリンクFAQ個人情報の取り扱いについてスマイート(ニュースレター)
初めての方へ基本理念当院の特徴予防治療診療科目訪問診療プロフィール患者様の声ニュースブログ採用情報
Copyright © 2005-2018 Sakiyama Dental Clinic. All Rights Reserved.